FC2ブログ
11 15
2016

IMG_2794(1).jpg



  和漢朗詠集 より 

       「 夜を寒み ねざめて聞けば おしぞ鳴く
             払ひもあへず 霜や おくらむ  」

         夜が あまりに寒いので 目が覚めて
         聞くともなしに 聞いていると
         おしどりの声がしています
         今夜は 払いきれない程 羽の上に
         霜が 降りることでしょう    の     意




 伊勢神宮に詣でました
 日本人の心のふるさと ともいわれる神宮
 五十鈴川にかけられた宇治橋を渡ります
 
IMG_1722(1).jpg

 
 手入れのゆきとどいた参道

IMG_1746(1).jpg



内宮をお参りしました


IMG_1724(1).jpg





 賢島のホテルに一泊
 宿から見た 昇る朝日に 感激しました


IMG_1772(1).jpg



 遊覧船に乗り 英虞湾を観光

IMG_1788(1).jpg


IMG_1795(1).jpg


 名古屋城に行きました

IMG_2769(1).jpg


 天守閣から見た 名古屋駅周辺の 高層ビル群です

IMG_2772(1).jpg


お天気にも恵まれて 良い旅でした

にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

IMG_1711(1).jpg



   万葉集 より

        「 父母が 殿の後方の 百代草 (ももよぐさ)
            百代 いでませ わが 来るまで 」 

          父上 母上 邸の裏の 野菊の百代草が
          長く 咲き競っているように 百代まで
          長生きして 下さい
          私が 戻ってくるまで    の    意


   
 川越へ 行きました
 川越のシンボル 時の鐘は 江戸時代の寛永年間 「1624年ー44」
 川越藩主 酒井忠勝 によって建てられました
 現存の鐘楼は 明治26年の川越大火の直後に再建されたものです
 今も 六時  十二時  十五時  十八時 と 一日 四回
 由緒ある音を 聞くことが できます
 
IMG_1694(1).jpg




川越の中心にあり 蔵造りの 趣きのある 町並みです
 これは 川越大火の後 耐火建築である 「蔵造り」が
 採用されたことに よるものです

IMG_1696(1).jpg


IMG_1690(1).jpg




 川越藩御用達の老舗
 和菓子屋 亀谷本店 です
 見事な建物で 全景を 映したくて
 その前の 喫茶店に入り 二階から 写したものです
 着物姿の人も多く また ゆっくりと 行きたい町です

IMG_1699(1).jpg


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

プロフィール

ときわ 

Author:ときわ 
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ